若葉のよう

小学生の頃、弟のように思っていた男の子がいた。

 

でも、あるとき、ふと気づいた。

支えていたつもりが、いつの間にか、彼に支えられていた。

 

口下手だったけど、いつも私の前を歩いてくれていた。

 

ひだまりの詩/Le Couple (OFFICIAL MUSIC VIDEO) - YouTube

この動画を見ていて、そんなことを思い出した。

 

小学6年生の頃、私は不登校になって、それ以来ほとんど会っていないけれど。

今更だけれど、「ありがとう」って伝えたい。

今も元気で暮らしているといいな。

 

そして、これからも、私も自分らしく生きてゆこうと思った。

邂逅

私はBeing系やTHE ALFEEやチューリップやチャゲアスなど、

古めの音楽が好きです。

今でも現役で活動されている方もいますね。

 

今日、Youtubeで過去のライブの動画を見ていて、

当時の彼ら、彼女らは、今とはまた違う興奮や感動を感じながら、

歌ったり演奏したりしていたのかもしれないのだな、と感じました。

 

初めてのライブでは、少し緊張しているように見えたり、

それが最近のライブでは、心身共に全力で楽しんでいるのが伝わってきたり...。

不思議な感慨をおぼえました。

病を知ることは、自分を知ること

病気のことを素人なりに学んできて、思うのは、

「病気って『治そう!』と頑張るものなのかな?」ということです。

 

私の場合、発作が起きて、気負い過ぎていたことに気付いたり、

今の自分では受け止めきれない物事について考えるための

ヒントを得たりしていることがあります。

 

だから、自分の心身のことを、もっと自分で気づけるようになったり、

広く物事を認め、受け容れることができるようになれば、

発作も必要ではなくなり、減っていくのではないか・・・と

そんなことを考えたりしています。

 

もちろん主治医の先生がやっていることに意味がないわけではありません。

先生とのやりとりのなかでも、多数のヒントを得ています。

 

それらを活用し、自分を見つめなおすことが、治すうえでは

大切なことなのではないかと思いました。

病名って

病名って きっと自分の一部分に名前をつけただけなんだと思いました。

 

私の「てんかん」。

 

ちょっと強気だったり たんぱくだったり、恐がりだったり・・・。

それも自分の一部なんだと思います。

早熟

早熟な人をみると、羨ましい反面、嫉妬したりしてしまうことがよくあります。

 

テレビでは、芸能人やスポーツ選手のなかに、

早熟な人をたくさんみつけることができます。

 

私は、物事を始めるのも進めるのもゆっくりです。

きっと遅咲きなんだろうなと思います。

 

自分が今まで長く続けることができたことって何だろうって考えたとき、

思いつくのは、たくさんの本を読み、考え事をし続けてきたことでしょうか。

そのおかげでこうして文章を書けるわけですし、

何よりも言葉を扱うことそのものが楽しいです。

 

それがどうにか他人にみてもらえる何かに昇華できればいいのですが、

一朝一夕にはゆきませんね。

・・・小学生のときから続けてきたんですけどね。

 

ほかにも歌を歌ったり、詞を書いたり、

小学生のときから長く続けることができたことはいくつかあります。

それでも人前で披露できるかと問われれば、自信がありません。

 

才能ってよくわからないものですね。

 

しばらく考えてみたのですが、得意なことをひとつ思いつきました。

私はどれほど失敗しても、人とコミュニケーションをとりたくてしかたないのです。

今まで、恥ずかしい思いをしたり、相手を傷つける行為をしてしまったことがあったにもかかわらず、それについては変わらないのです。

これはもう才能と呼んでもいいのではないかと思いました。

 

こんなふうに思えたときは、すこしだけ、

曖昧だった自分がみえた気がするものですね。

 

 

コミュニケーションと漫才

 私は、小さい頃からとても人見知りでした。

親しい友人なんて、人生で2人か3人くらいしかできたことがありません。

 

それでもおしゃべりすることは大好きです。

いつも話すネタを探していたりします。

 

そんな私ですが、最近は漫才をみることにハマりました。

とはいえ、ネタ番組は地上波では少ないので、ほとんどYoutubeでみています。

 

自分で話すことも楽しいですが、人が楽しそうに話す姿をみるのも心地いいものですね。

 

ちなみに私はナイツの漫才が大好きです。

迷走中

 病気のこと、これからのことなど・・・。

いろんなことに迷っています。

がんばって勉強しているつもりなんですが。

迷いはなかなか晴れないものですね。

 

数か月の間、食事療法に取り組みました。

暴飲暴食を控えていました。

 

何気に「食べること」が好きな自分に気付きました。

 

頑張りすぎて疲れて、今は特に制限していません。

 

これからどうやっていこうか・・・。

 

いつか夜明けがくるといいなと願い、ブログをはじめました。