楽になる

ここのところ、吐き気や恐怖感などが続いてた。

適応障害みたいな感じだった。

 

不安なこと、嫌なことを母と話していたら、だいぶ楽になった。

 

なかなか素直に話せないことも、体調まで辛くなると話せちゃう。

 

 

気まぐれ

私は、自分の「気まぐれさ」を曲げないって決めた。

 

例えば、やらなければならないことがあったとして、

気が向けば頑張るし、嫌ならテキトーに済ませる。

 

「頑張る」って決めない。

「やらない」って決めない。

 

そのときの気分に忠実でいる。

 

それを自分の芯にしてもいいと思った。

政治のハナシ

最近、母親が歴史や政治の話題に興味津々。

テレビで話題になっている、「加計学園疑惑」にも注目しているよう。

 

私は、この話題に関しては当初まったく興味がわかず、スルーしていた。

というか、なんとなく関わりたくなかった。

 

だが、しょっちゅう話題になるうえ、

母が盛り上がりすぎて心配なので、調べて話に加わってみた。

 

やっぱり、疲れるわりに結論もだせない。

なんでこんなことで世間は盛り上がっているのやら。

はやくブーム(?)が去ってほしいものだ。

 

家族で政治の話なんてするもんじゃない・・・。

疲れる・・・。

また来たね

最近、3年前までの自分に戻ったみたい。

弱虫で、寂しがりな私。

 

でも、あの頃は今よりもロマンチストで、夢想家だった。

だから今よりも独りぼっちだったけど、強かだったかもしれない。

 

日曜日は、切なくて寂しい日。

そんな未来に向かう自分へ。

 

https://www.youtube.com/watch?v=yXyXPAM_SW4

 

 

やらずにいられない

何気なく目についたこととか、

気になったらやらずにはいられない。

 

人の話でも、気になれば口をだす。

 

そうやってどうでもいいことに時間を費やして

やりたいことをやる前に、暮れていく。

 

私は、何を残してゆけるんだろう。

輝けるときへ

なんとなくクリックして、聴いてみた。

 

どうしようもなく、明るい気持ちになれた、

今日の特別な一曲。

 

https://www.youtube.com/watch?v=aLJ6-bhhw9k

らしくない・・・

長いモノには巻かれろ、なんて嘘だね。

 

私の学校では、卒業の年に作文を書いて、全校生徒の前で発表するのが慣例。

内容は、暗黙の了解でほとんどの生徒が学校に対する感謝の言葉を並べ立てる。

 

最近、いろいろなことに迷っていて。

表現したいことなんてないから、

私はいつもと違い、慣例通りの内容を書いた。

 

そうして今、後悔している。

今日が発表する日なのだけど、欠席した。

 

いつも通り、自分が大事にしていることを、

学校なんかに惑わされずに書けばよかった。

そうすれば、堂々としていられたのに。

 

こんな過ちも、迷いゆえなのだけど。