読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかってもらえないこと

誰にも理解してもらえない事がある。

私もそうだし、同じような人は他にもいると思う。

 

私の場合、その理由は、私自身もあの頃何があったのか、

明確に理解しているわけではないことや、

うまく言えないからなのかもしれない。

 

いつか、わかってくれる人に出会えるのかもしれない。

その「いつか」までは、苦しかったり、寂しかったり...。

 

だから、そのときまでは、

「私だけの特別な体験ができた」って思っていようかな。

簡単には他人には理解できないような、

「特別な、味わい深い体験ができた」って。

味わい深いからこそ、今でも考え続けているんだよね、きっと。

 

今の「自分」を形作る、大切な要素だから。

特別だって思ってもいい。

新たな出会いや、何かが始まる日まで。