平和なんていらない

哀しみも喜びも愛も憎しみも...。

すべての感情を同じくらい愛してる。

 

私たちは、「和」を目指すけれど、

そのなかで、もがき苦しみ、生まれる物語があるって信じたい。

そのために、誰のせいでもない「哀しみ」が生まれるんだよね、きっと。

 

天災も、生まれ持った弱さも、誰のせいでもない。

物語の始まりの証なんだ。